まず出会わないことにはどうしようもない

セックスが上手ければ、確かにセフレを作れる確率は格段に高まるかもしれません。
ただ、そもそもまず相手と出会わないことにはどうしようもないわけですから、セックスが上手いだけでは意味がないのです。
例えば、やれる出会い系サイトやセフレサイトで相手を探すにしても、まずはメールの方でコミュニケーションを取っていくことになります。
その際に、相手の印象を悪くしてしまったり、良くないイメージを与えてしまえば、出会うこともできないわけです。
結果として、セフレの関係になることもできず、また最初からやり直さないといけないのです。
つまり、相手と出会ってからはセックスの部分が重要となりますが、その前の段階では会話やコミュニケーションの部分が大事になってくるのです。
だからこそ、しっかりと相手とメールのやり取りをして、出会いたいと思わせないといけないのです。
もちろん、そこまで本格的なコミュニケーションを取る必要はないですし、あくまでも割り切った関係なのですから、基本的な会話をしていけば問題ありません。

どちらか一方だけ満足できても意味がない

やれるセフレとして付き合っていく以上は、自分と相手の両方がセックスで満足できなければいけません。
つまり、「自分だけ性欲が満たせればそれでいい」、「自分さえ楽しければいい」という考えではダメなのです。
こちらがお金を払っている、風俗やキャバクラなどであれば、そういった考えでも問題はないでしょう。
しかし、セフレの場合は同じ立場で付き合っているわけですし、どちらかが上というわけでもないのです。
なので、自分本位になってはいけませんし、相手のことを考えずに行動するのはNGなのです。
そういった考えでは、すぐに相手も愛想を尽かしてしまうでしょうから、1回か2回セックスをしただけで別れてしまうことになるのです。
それでは、当然自分も困るわけですから、そういった付き合いはすべきではないのです。
もちろん、逆に相手に気を遣いすぎてしまったり、自分を犠牲にしてまでセフレに尽くす必要はありません。
あくまでも、お互いに楽しくやれることを意識して、どちらも満足感を得られるよう努めていけばいいのです。